メニュー 閉じる

おすすめ求人サイト一覧

求人サイトランキング

お役立ち!接客求人コラム

バイトで高校生稼ぐときの注意点!「月8万円が限度額」の理由を解説

月8万が限度額

お小遣いを稼ぎたい!と考えている高校生にとって、一番現実的と言えるのが「バイト」ですよね。空いた時間に働いて稼ぐことは、時間を有効活用することにつながりますし、社会経験にもなります。

しかし、バイトを頑張りすぎて稼ぎ過ぎてしまうと、やや面倒な問題が起きてしまうので要注意!

そこで、今回は高校生がバイトで稼ぐときの月々の上限額や、注意点などについてご紹介します。

バイトで高校生が稼ぐ時は注意が必要!

バイトで高校生が稼ぐときには、月8万円以下に抑えるようにしましょう。

高校生がバイトで稼ぐ額について、法律で上限が決められているわけではありませんが、稼ぎ過ぎてしまうと税金の面や書類提出など、面倒なことが増えてしまうのです。

具体的な注意点については、以下を参考にしてください。

扶養から外れちゃう

バイトで高校生が稼ぐとき、収入が月8万円を超えてしまうと、親の扶養から外れてしまいます。

本来、高校生であれば親に養ってもらう必要がある立場。「扶養される側」にありますので、所得税や住民税の支払い義務はありません。

しかし、バイトで稼ぎすぎてしまうと、親の扶養から外れてしまいます。その結果、自分で所得税や住民税などを払わなければならなくなってしまうのです。

明確な線引きは「年間103万円を超えたら扶養から外れる」ですので、1ヶ月あたりに換算すると「月8万円」を超えるのは危険といえます。

また、高校生が稼ぎすぎると、親が支払う税金が増えてしまいますので注意しなければなりません。

面倒な書類を書くはめに

高校生がバイトで稼ぎすぎると、面倒な書類を書くはめになってしまいます。

特に、自分の収入を申告するための「確定申告書」は、数字が多いうえに、記入項目も多く、そのうえ税金に関する難しい言葉が並んでいますので、読むだけでも面倒になってしまうでしょう。

しかし、自分の収入をしっかりと申告しないと、支払うべき税金が明確にできません。そのうえ、うっかり提出を忘れたり、書類に不備があったりすると、気が付かずに脱税してしまうこともあるかもしれません。

いずれにせよ、高校生がバイトで稼ぎすぎると、面倒な手間が増えますので注意してください。

ちなみに、バイト先で源泉徴収がもらえる場合は、確定申告の手続きは不要です。源泉徴収とは、バイト先(雇用主)が従業員に支払った給与を申告することです。あらかじめ給料から税金を天引きしている場合は、自分で収入を申告する必要がありませんので、確定申告は必要ないのです。

ただし、天引きされている場合、「その年に支払うであろう税金」を予測して給与から税金分が引かれていますので、状況によっては税金を払いすぎてしまっていることもあります。

払いすぎた税金は年末調整の手続きを行うことによって戻ってきますが、年末調整は扶養から外れないとできないという厄介なルールがあります。

高校生がバイトで稼ぎすぎると、面倒な手間が増えてしまいますので、きちんとシミュレーションしたうえでシフトを調整しましょう。

高校生のバイトでの稼ぎすぎは禁物!ちゃんとお金について考えよう

お小遣いが欲しい高校生にとって、バイトは必要不可欠ですよね。しかし、頑張り過ぎてたっぷり稼いでしまうと、税金や面倒な書類作成など、様々な問題が生じてしまいますので注意しなければなりません。

現在、バイトを検討している高校生や、すでにバイトを始めている高校生は、これを機に「稼ぎすぎていないか」をチェックしてみてください。

接客求人サイトランキング

最新お役立ちコラム Latest Useful Columns

バイトは歩合制でガンガン稼ぐ!仕事の種類やおすすめできる人の特徴

「どうせ働くなら稼ぎたい!」という方はいませんか?時給制ではどれだけ頑張っても定額…。しかし、歩合制なら頑張り […]

> 続きを読む

バイトで高時給&短期を求めるなら?仕事の内容や注意点を解説

「時給の高いところでバイトしたい」「短期間だけサクッと働いて稼ぎたい」など、短期で高収入を手にしたい!と考える […]

> 続きを読む
バイトで稼ぐ

バイトでがっつり稼ぐなら?「時給が高い&ラク」なバイトを公開

バイトでがっつり稼ぎたいというのは、誰しもが感じていることでしょう!もちろん、僕もバイトを探すなら「稼げるバイ […]

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
接客求人サイトランキング

おすすめ求人サイト

口コミ投稿はこちらから!