メニュー 閉じる

おすすめ求人サイト一覧

求人サイトランキング

お役立ち!接客求人コラム

接客業の志望動機の書き方を現役派遣社員が教えます!

接客の志望動機の書き方を教えて!

ホテルやレストラン、コンビニなどでお客様対応をする接客業。「人と会話をするのが好き!」などの理由で接客業を志す人も多いと思います。
どのような志望動機だと接客業の面接に受かりやすいのか。
ここでは、接客業で働くための志望動機の書き方についてお伝えします。

接客業の志望動機の書き方のポイント

以下、接客業の志望動機の書き方のポイントです。

①コミュニケーション能力の高さをアピールする

接客業において何より求められるのがコミュニケーション能力。「人が好き」というアピールはもちろん、過去にサークルやイベント運営、ボランティアなどを通じて、どのような人とどうやってコミュニケーションをとってきたのか、細かく書くと説得力が増します。
面接の時も明るく元気に笑顔でハキハキとしゃべりましょう。

②過去に接客経験があることをアピールする

過去に接客業を経験したことがある人はそれを書きましょう。なくても、例えば、家族が経営しているお店で手伝いをしていた、文化祭でカフェを運営したことがあるなどの接客経験でもかまいません。
接客業は人と話せる楽しい仕事である反面、人と交わる仕事だからこそのトラブルが発生することも。そのようなトラブルも上手に乗り越えてきたことをアピールできるとベスト!

③店の商品やサービスの経験を伝える

「いつもこのお店で商品を購入していて店員さんの笑顔に癒されていました」「ここのマッサージ屋さんの接客に惚れて、ぜひ自分もスタッフの一員として働きたいと思いました」など商品やサービスのお客さんであることをアピールすることも大事。
採用担当者は「なぜうちの会社を選んだのか」を重視しています。そのとき「御社の製品を愛用していたから」といえば、「だからうちなのか」と納得できますよね。
この会社じゃないとダメ! という点をアピールしておきましょう。

④なぜこの店の商品やサービスが好きなのかを伝える

商品やサービスが好きというアピールは大事ですが、それだけでは足りないです。
なぜこの会社の商品・サービスが好きなのか。理由を説明することで、志望動機に深みをもたせましょう。

⑤週末でも働けることをアピールする

ホテルやレストラン、観光施設などのレジャースポットは当然のことながら、週末や年末年始、ゴールデンウィークなどがかき入れ時。通常休みの時に「休みたい!」と思っている人は雇われにくいです。接客業で働くなら、普通の人たちが休む日に働くことは覚悟しておきましょう。また夜間営業がある場合は、夜でも働けることをアピールすると採用確率が高まる傾向にあります。

接客業をしたいなら、経験とやる気のアピールが大事!

以上、接客業の志望動機の書き方のポイントでした。
接客業で面接に受かりたいなら、あれば経験と実績、何よりもやる気と情熱のアピールが大事です。
接客業はたくさんの人と触れ合える楽しい職業。
ぜひアルバイト経験を通じて、素敵な思い出をたくさん作ってくださいね。

接客求人サイトランキング

最新お役立ちコラム Latest Useful Columns

バイトは歩合制でガンガン稼ぐ!仕事の種類やおすすめできる人の特徴

「どうせ働くなら稼ぎたい!」という方はいませんか?時給制ではどれだけ頑張っても定額…。しかし、歩合制なら頑張り […]

> 続きを読む

バイトで高時給&短期を求めるなら?仕事の内容や注意点を解説

「時給の高いところでバイトしたい」「短期間だけサクッと働いて稼ぎたい」など、短期で高収入を手にしたい!と考える […]

> 続きを読む
バイトで稼ぐ

バイトでがっつり稼ぐなら?「時給が高い&ラク」なバイトを公開

バイトでがっつり稼ぎたいというのは、誰しもが感じていることでしょう!もちろん、僕もバイトを探すなら「稼げるバイ […]

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
接客求人サイトランキング

おすすめ求人サイト

口コミ投稿はこちらから!