メニュー 閉じる

おすすめ求人サイト一覧

求人サイトランキング

お役立ち!接客求人コラム

接客スタッフになるための職務履歴書の書き方の5つのコツとは?

どう書けば良い? 接客業での職務履歴書
接客業に就きたい! と思ったときに面接時に提出しなくてはならないのが職務履歴書。
上手く書けない、書き方がわからないといった人も少なくないのではないでしょうか。
ここでは、接客業における上手な職務履歴書の書き方をお伝えします。

職務履歴書を上手に書く5つのコツ

1.なぜ接客業に就きたいのか今後のビジョンも明確に書く

まず職務履歴書を書くうえで悩むのが“志望動機”ではないでしょうか。なぜ接客業に就きたいのか。できれば今後のビジョンを踏まえたうえで、「こういったスキルを身につけたい」など具体的に書けると良いです。
例えば、将来、自分のお店を持って独立したいので、すでにオーナーとしてお店を開業している人を何人も生み出しているこのお店で独立のためのスキルや接客マナーを学びたいなどと書けば、独立を支援しているオーナーでしたら、快く雇ってくれるはずです。
このように「なぜこのお店で働きたいのか」を今後のビジョンとともに明確に書けると良いでしょう。

2.過去に接客業での勤務経験がある人は存分にアピールを!

いままでに接客業で働いたことのある人は、その経験を存分に活かしましょう。例えば、過去働いていたときどのような点を心がけていたか、仕事をするうえで一番嬉しかったエピソードなどを具体的に盛り込めば、相手は自分のお店でどのように働いてくれるかをイメージしやすいはずです。

3.資格・語学力の欄は十分活用しよう

接客経験が浅くて、アピールできる実績がないという人が一番自己PRしたいのが「資格・語学力」の欄です。接客業で接客マナーを学びたいから秘書検定などの資格を取得しましたというのも良いですし、近年は外国人旅行者が増えていることから、外国語対応できるスタッフはどの店ものどから手が出るほど欲しがっています。そのため、TOEIC900点や英語検定準1級取得などアピールできる資格はどんどん書いていきましょう。

4.職に就いていない期間は正直に申告する

中には、事情があり長期間働いていなかった空白期間がある人もいるでしょう。その場合、ウソの経歴を書くのではなく、正直に申告しましょう。できれば空白期間に「このような経験をして、このような成長を遂げられた」などとアピールできると良いですね。例えば、「語学を勉強していたので、日常会話程度の英語なら話すことができます」となれば、採用担当者の見る目も変わるでしょう。

5.文章は簡潔に! 読みやすさも大事

内容も大事ですが、読みやすい文章を書くことも心がけましょう。例えば、一文がダラダラと長すぎると読みづらいです。一文は短く、結論から簡潔に書きましょう。また文字が汚いと、それだけで読むのが苦痛です。手書きの職務履歴書を提出する場合は、たとえ字が下手だったとしても、キレイに書くよう努力した跡が見えるよう工夫しましょう。

職務履歴書には、嘘偽りのない、素直な思いを書きましょう!

以上、接客業における職務履歴書の書き方でした。
職務履歴書はあなた自身の経歴を表したり、自己PRを行ったりするうえで大事な書類。
偽りなく、正直に書くことが大切です。
しかし、採用されるには、読み手のことを考えることも大切です。
実績や経験などに自信がない場合でも、やる気を思う存分アピールして採用を勝ち取りましょう!

接客求人サイトランキング

最新お役立ちコラム Latest Useful Columns

バイトは歩合制でガンガン稼ぐ!仕事の種類やおすすめできる人の特徴

「どうせ働くなら稼ぎたい!」という方はいませんか?時給制ではどれだけ頑張っても定額…。しかし、歩合制なら頑張り […]

> 続きを読む

バイトで高時給&短期を求めるなら?仕事の内容や注意点を解説

「時給の高いところでバイトしたい」「短期間だけサクッと働いて稼ぎたい」など、短期で高収入を手にしたい!と考える […]

> 続きを読む
バイトで稼ぐ

バイトでがっつり稼ぐなら?「時給が高い&ラク」なバイトを公開

バイトでがっつり稼ぎたいというのは、誰しもが感じていることでしょう!もちろん、僕もバイトを探すなら「稼げるバイ […]

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
接客求人サイトランキング

おすすめ求人サイト

口コミ投稿はこちらから!