メニュー 閉じる

おすすめ求人サイト一覧

求人サイトランキング

お役立ち!接客求人コラム

接客業で学んだことを面接にて効果的にアピールするには?

バイトの面接で接客業にて学んだことを上手く伝えるには?
接客業で学んだことを効果的にアピールするにはどうすればいいのでしょうか。
ここでは、接客業で学んだ経験・実績などを上手にPRするための方法をお伝えします。

接客業のアルバイトで学んだことを上手に伝える3つの方法

1.どれだけ真剣にアルバイトに取り組んだかを伝える

まずアルバイトの経験に信ぴょう性を持たせるため、真剣に取り組んだという証拠を具体的なエピソードにて示しましょう。
例えば、「週に6日以上働き、店の改善に貢献しました。オープニングスタッフとして入ったので、最初はお客様があまりいないときもありましたが、そんなときも手書きの広告を作って周囲に投函するなどしてお店のアピールに努めました。その功績が認められて、2年目にはバイトリーダーに。店長からも信頼され、正社員にならないかという話も出たほどでした」
などアルバイトに真面目に取り組んだ様子を具体的に伝えられると、担当者の「採用したい!」という気持ちが高まるでしょう。

2.今後のビジョンを明確に伝える

過去働いた経験や実績と一緒に今後の目標やビジョンについても書きましょう。
例えば、「将来は自分のお店を持つのが夢です。そのため、ちまたの人気店○○で接客のスキルやクレームの対応法、有名店になるための秘訣を学びたいと思い、3年間勤務しました。このお店で働いて役に立ったことはたくさんありますが、その中でも一番は集客の方法です。人気店は広告の打ち方など細かい点などにも心を砕いていることが分かり、心の奥底からお客様のことを考える姿勢を学びました」などと記せば、独立を応援しているオーナーなど、きっと力を貸してくれることでしょう。
ただ「何でも一生懸命頑張ります!」ではなく、「○○のために、この店で××のスキルを身につけました」など具体的かつ明確な目標やビジョンがあったほうが、効果的な自己PRにつながります。

3.自分はどのようなポジションであったのかを記す

お店の中で自分はどのような役割を果たしていたかを書くと、効果的なアピールにつながりやすいです。
例えば、「アルバイト先で一番年下だった自分は盛り上げ役。店の売り上げが悪かった月などのミーティングはどうしても店長など険しい顔をしがちでしたが、自分が率先して行動することで、場を盛り上げていきました」
「アルバイトリーダーとしてアルバイトの人たちをまとめていました。アルバイトと一口に言えど、取り組み方は人それぞれ。一生懸命頑張る人もいれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎ感覚の人もいて、一丸になるのは大変でした。それでも“褒め言葉カード”を取り入れてお互いの存在感を高めたり、“感謝ウィーク”を使ってアルバイト同士必ず10回は『ありがとう』を言うなどの取り決めをつくることによって、連帯感が徐々に生まれ、目標を達成しやすくなりました」
などと書くと、この人はどのような立場でなぜこのような行動を取ったのか、採用担当者はイメージしやすくなります。

接客業で学んだことはたくさんあるはず! 具体的に書くことで上手に伝えて

以上、接客業で学んだことを効果的にアピールする方法でした。
接客業を通じて、チームワーク、売り上げアップの方法、接客の仕方、クレーム対応などさまざまなことを学んだ人も多いと思います。
それらの経験を面接では効果的に伝えたいですよね。
相手に伝えるには具体的なエピソードを盛り込むことが大事。
ただ「頑張りました」だけでなく、何をどう頑張ったのか。
具体的に記載することで採用を目指しましょう!

接客求人サイトランキング

最新お役立ちコラム Latest Useful Columns

バイトは歩合制でガンガン稼ぐ!仕事の種類やおすすめできる人の特徴

「どうせ働くなら稼ぎたい!」という方はいませんか?時給制ではどれだけ頑張っても定額…。しかし、歩合制なら頑張り […]

> 続きを読む

バイトで高時給&短期を求めるなら?仕事の内容や注意点を解説

「時給の高いところでバイトしたい」「短期間だけサクッと働いて稼ぎたい」など、短期で高収入を手にしたい!と考える […]

> 続きを読む
バイトで稼ぐ

バイトでがっつり稼ぐなら?「時給が高い&ラク」なバイトを公開

バイトでがっつり稼ぎたいというのは、誰しもが感じていることでしょう!もちろん、僕もバイトを探すなら「稼げるバイ […]

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
接客求人サイトランキング

おすすめ求人サイト

口コミ投稿はこちらから!