メニュー 閉じる

おすすめ求人サイト一覧

求人サイトランキング

お役立ち!接客求人コラム

派遣の抵触日ってなに?社員の注意点や影響について

派遣の接触日とは

派遣には「抵触日」と呼ばれる期日があります。抵触日について正しく理解しておかないと、意図せずルール違反となってしまう可能性があり、トラブルを招くことになってしまいます。
現在、派遣としての働き方を検討している方は本ページを参考にしてみてください。

派遣の抵触日とは

派遣の抵触日とは、ひとことでいうと「派遣期間が切れた翌日」を指します。
派遣期間は求人によって異なりますが、最長でも3年が限度となっていますので、仮に3年契約であれば3年と1日目が抵触日ということになります。

抵触日を迎えた場合、派遣社員はこれまで働いていた職場で働くことはできません。その後の選択肢としては、「派遣社員として別の職場で働く」もしくは「直接雇用してもらい正社員としてこれまでの職場で働く」の2つが挙げられます。
ただし、直接雇用してもらうためには双方の合意が必要となるため、交渉したからといって必ずしも正社員になれるものではありません。

場合によっては、派遣社員として別の職場で働く、といった選択肢しかないこともあります。
派遣の抵触日について把握しておかないと、思わぬトラブルに陥ってしまうため、あらかじめ理解を深めておき、抵触日に備えておくことが大切です。

抵触日による派遣社員への影響について

抵触日があることで、派遣社員はこれまで働いていた職場(組織)で継続して働くことができなくなります。
「せっかく仕事に慣れてきたら、同じところで働き続けたい」といった希望を抱く方もいるでしょう。しかし、ルールとして抵触日以降は同一の場所で働けないこととなっています。

仮に、同じ職場で働きたい場合は、「別の部署で働く」といった方法があります。とはいえ、別の部署、別の課で働くこととなるため、人間関係及び仕事内容は大きく変わることが予想されます。
いずれにせよ、「これまで通りの環境で、これまでと同じ仕事」を行うことはできませんので、抵触日を迎えたらどうするかをあらかじめ考えておくことが大切です。

抵触日における派遣社員の注意点

抵触日を迎えるにあたり、派遣社員にはいくつか注意点があります。

派遣の担当者に相談する

抵触日を迎える前に、必ず派遣の担当者に相談をしておきましょう。
抵触日を迎えたらどこで働けば良いのか、希望する職種に就くことはできるのか、直接雇用は望めそうか、など不安に感じていることはしっかりと確認しておくことが大切です。

今後のキャリアについてよく考える

抵触日を機に、今後のキャリアについて改めて考えることをおすすめします。これから先もずっと派遣社員として働く方向で行くのか、それともいずれは正社員として働きたいのか、など今のうちに明確にしておきましょう。

希望する働き方があれば、今の状況と照らし合わせるなどして、抵触日を機に働き方を変えることを検討する必要があります。
とくに「やりたい仕事がある」「経験してみたいことがある」「キャリア関連で将来に不安を感じている」などに心あたりがあれば、しっかりと今後のキャリアについて今一度考えてみましょう。

派遣の抵触日を正しく理解しましょう

今回は派遣の抵触日についてご紹介しました。
抵触日は、派遣社員として働くのであれば、必ず把握しておかなければならないルールです。思いがけないトラブルを防ぐためにも、本ページで解説した内容をよく理解し、抵触日に備えて計画を立てておきましょう。

接客求人サイトランキング

最新お役立ちコラム Latest Useful Columns

バイトは歩合制でガンガン稼ぐ!仕事の種類やおすすめできる人の特徴

「どうせ働くなら稼ぎたい!」という方はいませんか?時給制ではどれだけ頑張っても定額…。しかし、歩合制なら頑張り […]

> 続きを読む

バイトで高時給&短期を求めるなら?仕事の内容や注意点を解説

「時給の高いところでバイトしたい」「短期間だけサクッと働いて稼ぎたい」など、短期で高収入を手にしたい!と考える […]

> 続きを読む
バイトで稼ぐ

バイトでがっつり稼ぐなら?「時給が高い&ラク」なバイトを公開

バイトでがっつり稼ぎたいというのは、誰しもが感じていることでしょう!もちろん、僕もバイトを探すなら「稼げるバイ […]

> 続きを読む
お役立ちコラムもっとみる
接客求人サイトランキング

おすすめ求人サイト

口コミ投稿はこちらから!